損得勘定から考える融資先

損得勘定から考えると融資を受ける場合にはなるべく安い金利の業者からお金を借りたいですよね。

とはいえ金利が安い銀行系のローンは審査が若干厳しいという傾向にあります。
大口で融資を受けるのなら審査が厳しくても銀行系で攻めるべきですね。

ただ小口融資を希望されているのなら銀行系のキャッシングでも消費者金融系のキャッシングでもそんなに金利は変わらないので目くじらを立てる必要はないと思います。

小口融資の場合には意外とスピーディーに融資を希望されている方が多いのでそういった場合には消費者金融で借りたほうが良いケースもあります。

あと消費者金融でも無利息キャンペーンなどをやっているところもあるのでそういったサービスを行っているところを狙った方が得だと思います。

スピードキャッシング希望の方は即日キャッシングについてのサイトをサイトをご覧になるとよいでしょう。大手の消費者金融ばかりですがバックボーンが銀行なところばかりなので安心して融資を受けることが出来ます。

グレーゾーン金利が廃止されてから消費者金融はより身近なものになったので、消費者金融を敬遠していた方は一度考え方を見直してみると良いですよ。

否定することからは何も生まれませんので。ただ消費者金融を名乗り違法な金利を徴収する悪徳業者があることも事実なので消費者金融を選ぶ際にはやはりメジャーなところを選択するのが良策だと私は思います。

損得勘定してもいいじゃない

よく損得勘定をする人は煙たがれます。

でもそれって程度の問題ですよね。 何も損得勘定をしないで行動する人は馬鹿だと思います。

重要なのは損得勘定をしていることを相手に悟られないことです。 またあえて損して得することを狙うのも損得勘定をしていると言えます。

人間は損得勘定で動きます。 これは本能です。得だと思ったこと、感じたことに対してアクションします。

なのでこの本能を否定していたら生産的な話は出来ません。

みんなが損得勘定を持って毎日生きているということを頭に明確にインプットしておけば対人関係は上手になることでしょう。

相手が得だと思う情報を上手に発信すれば良いのですから。

でも勘違いしないでくださいね。

損得勘定するのは程度の問題です。 自分だけが得しようという発想はどこかで破たんします。

相手が途中で損だと気付くからです。

いつまでも相手に得だと思わせるように、そして相手にも得になるように日々精進しなければなりません。

相手も得だし自分も得。そういった道筋を作るのです。 損得勘定を上手に利用して社会を上手に渡り歩く。

一見汚いように見えますが、結果みんながハッピーになれるのなら問題ないと思います。